iphone6s/6ケース

1商品

  • < 前
  • 次 >
1件 1-1表示
  • <
  • 1
  • >
1件 1-1表示
  • < 前
  • 次 >
iphone6s/6ケース

 

<目次>

  1. 画面サイズが大きくなったiphone6
  2. iphone6のカメラレンズをケースで保護
  3. 丸み帯びたフォルムのiphone6はツルツルして落としそう
  4. 容量も画面サイズもアップしたiphone6

画面サイズが大きくなったiphone6


iphone5/5sから画面サイズが大きくなったiphone6。

iphone6は
iphone5から比べると
明らかに視認性が高くなり、

サイト閲覧や
動画干渉、
撮影時のフォトビジョンなど

画面の描画が見やすくなり
快適になりました。

iphone5とiphone6を重ねる

iphone6 plusや
スマートフォンでなく
タブレット端末など

iphone6よりも大きい画面は
ありますが、

持ち運びや、
片手操作などを考えると
iphone6 plusは大きすぎという理由で
iphone6を選んだ方は多いと思います。
 

  iphone 6 iphone 6s iphone 7
高さ 138.1mm 138.3mm 138.3mm
67.0mm 67.1mm 67.1mm
厚さ 6.9mm 7.1mm 7.1mm
 
  iphone 6 Plus iphone 6s Plus iphone 7 Plus
高さ 158.1mm 158.2mm 158.2mm
77.8mm 77.9mm 77.9mm
厚さ 7.1mm 7.3mm 7.3mm

携帯端末から
タブレット端末の魅力を
充実したiphone6に、

NeedNetworkブランドの
大人のケース・カバーはいかかでしょうか?

iphone6をもつ
NeedNetwork の本革手帳型ケースは
本体固定のハードケース部分は、
高品質の素材で、

取り付け時など
多少ハードケースがしなって
スマートフォンを取り付けできるようになっております。

実際、わずか外寸が違う
iphone6 と iphone6s でも
ハードケースは兼用で適応しますので
ご安心ください。

iphone6sとiphone7は、
サイズは同じですが、

カメラの形状が違いますので
ケースの互換性はありませんので
ご注意ください。

iphone6/6sからiphone7に
機種変更の場合は、

ケースの使いまわしはできませんので
新しくそろえる必要がございます。
iphone6とiphone7のカメラ比較
 


iphone6のカメラレンズをケースで保護


iphone6のカメラ性能が
さらに高性能に向上して、

撮影頻度が多い人にとって
うれしい要素だと思います。

今は、
デジカメやビデオカメラを
持たなくてもいい傾向にあり、
iphone6があれば
十分なほど驚異的に進化しています。

iphone6があればデジカメいらないでの撮影しやすいiphone6ケース必要

風景写真や記念撮影、
自撮りや動画撮影まで
決定的な瞬間を逃しません。

高性能になった
iphone6のカメラレンズは5枚構成になっていて
カメラレンズにキズが
いかないように大切にしたいです。

iphone6のカメラレンズは、
いままでiphone5s/5cでなかった
カメラが背面に少し出っ張っています。

iphone6背面を下に置くと高性能のカメラレンズに
キズができそうで、
ケース・カバーをつけずにiphone6本体を
気軽に机に置けません。

NeedNetwork手帳型iphone6ケースはレンズのキズ心配なし

そこは、
人気のNeedNetwork手帳型ケースで
iphone6のレンズを保護するのがオススメです。

iphone6のカメラレンズの位置には
専用設計のカメラホールがあり、
撮影時も効率的に素早くシャッターを
押せます。

手帳型ケースの厚みで
出っ張ったiphone6のカメラレンズを
下にしてもレンズと机が直に当たらずに
キズがつく心配もありません。

▼▼こちらから本革手帳型ケースページへ▼▼

iphone6本革手帳型ケースのカメラホール

 


iphone6はツルツルして落としそう


iphone5sまでは、
角がエッジが効いて

角ばっていたので
手のひらのなかで引っかかってくれました。

iphone6は、
進化して登場したのですが、
外観デザインは、
側面が丸くなって

本体表面の質感もツルツルしているので
片手操作のときなど
滑って落としそうな不安があります。

iphone6のツルツルした質感

特に手の大きさにもよりますが、
片手で持つ際には落とす不安を持つ人も
多いのではないでしょうか?

落とさないための持ちやすさを考えても
iphone6をケース・カバーをつけずに
裸でもっていると
落としてしまうリスクがあります。

本体の耐衝撃から
考えても
1度の落下で悲惨なことに。。

操作時などの落下防止に
iphone6にケース・カバーは必須アイテムですね。

▼▼こちらからエイ革手帳型ケースページへ▼▼

iphone6エイ革手帳型ケースを持つ

手帳型ケースをつけることで
iphone6のすべりやすい質感からツルツル滑らない、
手にフィットする質感で持ちやすさがアップします。

また、iphone6の丸みを帯びたフォルムから
手帳型ケースをつけることで
角やエッジができることで
確実に持ちやすくなります。

 


容量も画面サイズもアップしたiphone6


ストレージ容量をアップして
写真・音楽・動画のデータ保存や
アプリ・ゲームなども使用しやすくなったiphone6。

容量が少ないスマートフォンの場合、
今まで容量不足で

クラウドサービスを使用したり
スマートフォン本体のストレージを節約したり、
頻繁にパソコンに同期したり、

使わないデータを定期的に削除したり
する必要がありました。

iphone6が容量いっぱいでパソコンと同期する

スマホが大容量になることで
それらの面倒な作業が不要になり
大変便利になりました。

フォト撮影や
動画撮影のすぐたまるデータも
今まで以上に
ドンドン追加できます。

ミュージックや
動画などのデータは
すぐストレージを一杯にさせますから
うれしいですね。

iphone6は、
画面サイズも大きくなっていますので
iphone5sよりも
映画などの長時間の動画鑑賞を
楽しめるようになっています。

長時間動画干渉できるiphone6に、おすすめのスタンド機能付き手帳型ケース

長時間の動画鑑賞には、
スタンド機能付きの手帳型ケースが便利です。

人気のNeedNetwork 本革手帳型ケースは
自分の見やすい角度に調整できますので

iphone6での動画鑑賞 愛好家は、
大満足でしょう。

▼▼こちらから本革手帳型ケースページへ▼▼

iphone6本革手帳型ケースのスタンド機能

wifi無制限の環境なら
ユーチューブなどの動画を
iphone6で長時間見る人も多いはず。

手帳型ケースのスタンド機能がない場合、
手で持つ必要があったり、

疲れないようにするには
平面にiphone6を置いて上から見るように
なってしまったり、

iphone6をコップなどに立て掛けたりと
手帳型ケースのスタンド機能がないと
大変具合が悪いですよね。

スタンド機能のiphoneケースがないと長時間の動画視聴しづらい

iphone6は、iphone5s以上に
より機能も充実して
魅力的になり、

携帯を
長時間持つことも増えると思いますが、
ぜひ納得のいくiphone6 ケースをご覧ください♪